BRAND CONCEPT

GENTZをご愛顧いただいておりますお客様、web siteへお越し頂いた皆様のご支援を賜り、誠にありがとうございます。
ロードバイク用ブザー開発担当の大道と申します。
私自身10年程趣味として、そして、通勤手段としてロードバイクを愛好しております。その中で様々な思いからこの製品を開発しました。

GENTZの始まり

GENTZはロードバイクをより美しい状態で乗り続けたいという想いから開発されました。
ロードバイクは機能性を重視し徹底的に考え抜かれた結果として完成した美しいフォルムだと私は思っております。
どうしたらロードバイクを美しいままに保ち警音器を搭載できるのか。
そうなったときにドロップハンドルへの警音器の挿入というアイデアを思いつきました。

GENTZ命名

GENTZのブランド名は、紳士を意味するGENTLEとBUZZERを合わせて命名しました。
「ロードバイク乗りは紳士たれ」その様な想いから製品名に紳士の意味を取り入れました。紳士たるものルールを守った方がいい。
GENTZを搭載し意識的にルールを守る行為そのものが紳士的行為であると思います。
また、GENTZがロードバイクの美しさ損なわないこと自体が、ロードバイクへの紳士的行為という意味も含めて「GENTZ」という製品名としました。

GENTZが担う将来

日本では法律として警音器を取り付けることが義務付けられております。
しかし、ロードバイクに警音器を取り付けている方の割合は低いと思います。
それは、ロードバイクの様な美しく高価なものに対して見合うような警音器が多くは存在していなかったからだと思います。
昨今はロードバイクにも取り付けて見たいと思えるような商品も出始めております。その中の一つの製品として「GENTZ」が多くの人々に愛用頂く事で、ロードバイク乗りとその周辺の人々の安全環境をより良くする一つのツールとなっていけばと考えております。